ラベル INON の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル INON の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2018年2月17日土曜日

GoPro HERO6にINONのアクションカム用のフィッシュアイコンバージョンレンズ+RGBlue System03を使った最小ビデオ撮影システム構築



HERO6 BlackINONのアクションカム用のフィッシュアイコンバージョンレンズ UFL-G140 SDをつけて撮影しました。水中ライトはRGBlueのツインライトSYSTEM03を使用しました。小さくても2灯あると、光がまんべんなくあたるので、フィッシュアイの140°の広角域もカバーしやすくなります。GoProは4K30Pにて撮影してます。


GoPro HERO6 でRGBlue System03を使った最小ビデオ撮影システム構築
正面から

GoPro HERO6 でRGBlue System03を使った最小ビデオ撮影システム構築
サイドから

INON SDフロントマスクとセミフィッシュアイコンバージョンレンズ UFL-G140 SD
INON SDフロントマスクとセミフィッシュアイコンバージョンレンズ UFL-G140 SD

上から順にQSA-IN1+MQSB-01+QSBM-GP1
上から順にQSA-IN1+MQSB-01+QSBM-GP1

上から順にMQSB-01+QSA-RGB1+System03
上から順にMQSB-01+QSA-RGB1+System03

ライトの光量を手元で調整できるリモートコントローラー RGB-RC01
ライトの光量を手元で調整できるリモートコントローラー RGB-RC01

使用している機材は以下です。

GoPro HERO6 Black
Super Suit(HERO6 Black Dive Housing)

INON SDフロントマスク for HERO5/6
INON 水中セミフィッシュアイコンバージョンレンズ UFL-G140 SD
INON 光ケーブル改造自作品+シングルゴムブッシュ

RGBlue クイックシューアダプター IN1(QSA-IN1)
RGBlue クイックシューベース(MQSB-01)
RGBlue クイックシューベースマウント GP1(QSBM-GP1)
RGBlue GoProアダプター(RGB-GA01)
RGBlue クイックシューベース(MQSB-01)
RGBlue クイックシューアダプター RGB1(QSA-RGB1)
RGBlue System03+自作保護カバー兼フロート
RGBlue リモートコントローラー RGB-RC01
RGBlue マイクロフレックスアダプター ×2
RGBlue アームエクステンション RAEX-1 ×2
RGBlue ツインライトマウントL
RGBlue YS-D1/2 マウントベース L/R セット

浅野金属工業 チェーンフック サイズ5 AK1250

このセットをご購入希望の方は是非コメント欄よりご連絡ください。
コメントはこちらで確認してご連絡します(購入希望のコメントは非公開にいたします)

INON Z-330の配光性能

イノンのZ-330ストロボはワイド撮影に特化したストロボです。
http://www.inon.co.jp/cgis/news/wforum_news.cgi?no=488&reno=no&oya=488&mode=msg_view&page=0&news=1

この約2カ月ほどイノンのZ-330ストロボを試してきました。
これまでのストロボとは違う異次元の配光性能を実感しています。

私はワイドのカメラとして、Canon EOS 5Ds、レンズは EF16-35mm F2.8L II USM
ハウジングはanthis の Nexus5DMK2からのコンバージョンアップした5DMK3=5Ds仕様です。ポートはワイドマルチポート。

これにNexusアーム18ケルプ-200という有効長20cmのアームを左右2本ずつ組んでいますが、長さはこれで十分だと感じています。

今までZ-240の時は結構シビアにストロボの位置や角度を変えて撮影してきましたが、
Z-330はそこまでしなくても自然な感じで光が周ってくれるので、雲泥の差だと実感しています。ここまで楽なライティングが可能なら、早く買い換えたほうが良いです。

水中重量に関しては、メーカー公称値では48g("eneloop" 電池4本を含む)となっており、
Z-240 Type4 の約77g ("eneloop" 電池4本を含む)から29g 軽量になっています。
これが左右2台分では58gなので、体感的にはわずかに軽くなった感があります。

一方、陸上重量に関してはZ-240 Type4 の約583g (電池を含まず) に対し、
Z-330は637gと54gほどの重量アップです(いずれもメーカー公称値)
INON Z-330
ISO 400 F8.0 1/80 INON Z-330×2

INON Z-330
まんべんなく光が周ります。
ISO 400 F8.0 1/80  INON Z-330×2

INON Z-330
アンコウとミノカサゴ、それぞれ違う角度で違う光量のストロボを当てています。
ISO 400 F8.0 1/125  INON Z-330×2
The INON Z-330 strobe is unprecedented of light distribution performance.
https://inonnews.blogspot.jp/2017/12/z330strobe.html

I have been useing INON's Z-330 strobe for about 2 months.
I am feeling that now realized the light distribution performance of different dimension and different from the strobe so far.

I am using for Canon 5Ds and EF16-35mm F2.8L II USM. And, Housing is  Anthis Nexus 5DMK3(=5Ds)  that was conversion up from 5DMK2.
The port is Wide mulch port. And, I am using Nexus Arm 18 Kelp-200 by two right and left that effective length is 20cm. I feel that the length is enough.
When using the Z-240, I was changed severe the strobe position and angle. However, Z-330 does not have to do so. The light is very natural distribution.